ココロネスタッフブログ

ハンドメイドシルクショップ「maki × maki」の取材

2018.02.22 Category: 学生インターンSTAFF

こんにちは。

インターンシップ4日目の笹川です。

本日は、カンボジアやラオスのシルク、コットンを使ったアパレル雑貨店、

『maki × maki』

というお店に行ってきました。

 

『maki × maki』の特徴は、商品すべてが手づくりだということです!

カンボジアでひとつひとつ手で織られた生地を使って、商品が作られています。

職人さんが毎日コツコツとひとつずつ縫製しています。

そのため、商品によって違いますが、1つ作るのにだいたい1〜2ヵ月ほどかかるそうです。

仕上がりは微妙に違いますが、そこも味わいのひとつです。

世界でひとつだけのものが持てるので、特別な感じがすると思います。

 

 

ではここで、「maki  × maki」の商品を、いくつか紹介していきたいと思います。

 

 

まず、一番人気だという「ハンドメイドシルクトートバッグ(写真左)」と、

「ハンドメイドシルククラウンドショルダーバッグ(写真右)」です

IMG_5746

 

 

 

 

 

 

 

 

どちらとも、色合いがとてもきれいです。

そして、このバッグの最大の魅力は、かなり軽いということです。

試しに持ってみたのですが、軽すぎて驚きました。

写真右の「ハンドメイドシルククラウンドショルダーバッグ」は、

A4サイズの書類などが入るので、

たくさん荷物があって、重いのがいやなときにおすすめです。

 

 

また、「ハンドメイドシルククロマー【ブロックカラー】ストール」も人気みたいです。

image1

 

 

 

 

 

 

 

 

クロマーとは、カンボジアの人々の生活に深く浸透している万能布です。

コットン素材の手織り布のため、お洗濯しても乾きが早く、丈夫なのが特徴です。

 

薄手なのに程よいハリ感があるので、

さりげなく首に巻くだけで雰囲気のある、ふんわりきれいなシルエットになります。

シルクの光沢感が上品です。

触ってみたのですが、ザラザラした感じは全くなく、肌触りが良かったです。

ほんのり温かさを感じるので、温度調節にピッタリです。

これからの季節に大活躍できると思います!

 

 

他には、「ラオス伝統的クッションカバー(写真上)や、

ギフト商品として販売している「ハンドメイドシルク くまさん ぬいぐるみ(写真下)」がありました。

image2

 

 

 

 

 

 

 

 

image3

 すごく細かいですよね!

くまさんのぬいぐるみは、顔つきが少しずつ違うようです。

 

 

『maki × maki』は、バッグのイメージが強かったのですが、

様々な商品が展開されていることを知りました。

そして、その展開されている商品全てが手づくりだとは思えない仕上がりで驚きました。

 

今回紹介しきれなかった商品も多くあるし、

お店に行って実際に見て触ってみたら、感じ方が変わってくると思うので、

是非一度足を運んでみてください!

また、店舗限定、オンラインショップ限定の商品もあるみたいなので、

是非チェックしてみてください!

 

 

【西早稲田本店】

〒169−0051 東京都新宿区西早稲田3−15−1 OKビル1階

西早稲田駅から徒歩7分

 

【「maki  × maki」について】

http://www.jimore.net/info/makimaki/

 

【Facebook】

https://www.facebook.com/cambodiankrama/

 

【Twitter】

https://twitter.com/makixmaki_shop

 

【Instagram】

http://www.pictame.com/user/makixmaki_shop/4158894125

 

【オンラインショップ】

http://makixmaki.com/

 


コメント

▲ページの先頭へ